あえば直道ファンサイトはこちらから
>>http://www.happy-fan.com/

黒ハートはじめての方へ  あえば直道ファンブログとはこんな所です!下の記事をご覧下さいね

ぴかぴか(新しい) あえば直道さんてどんな人?プロフィール  経歴人物 ファンサイトTOP少し下  
    外部リンクオフィシャルサイトのプロフィール あえば直道のブログ 
exclamation&question あえばさんをどうして応援しているの?あえば直道さんのファンになった理由このブログについて

2011年02月01日

あえば直道著『最強国家』の内容☆紹介

昨日に引き続きあえばさんの書籍「最強国家」情報です

51M9g7XM%2BfL__SS500_.jpg

以下あえば直道ブログより

『最強国家』の内容 

2月1日(火)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

『最強国家』(右下のLink欄からジャンプできます)の
中身について、大まかな目次をご紹介します。

第T部 『最強国家』の条件

  【1】 日本よ、『最強国家』たれ
  【2】 「幸福の科学」の真実
  【3】 『最強国家』の条件

第U部 『最強国家』の創造
 
  【1】 新時代の保守政治
  【2】 平和のための核武装
  【3】 外国人参政権の諸問題
  【4】 「移民大国」と『最強国家』
  【5】 『最強国家』運営のモデル

第T部では特に、なぜ、宗教が政治に進出するのか、
むしろなぜ、現代の日本に、宗教政党が必要なのかを、
自分自身の20年に及ぶ体験をもとに、述べてみました。
「幸福の科学」教団と、大川隆法総裁の生の姿について、
自分なりに感じた、率直なルポを展開した点で、ゴシップ風の
週刊誌記事とは一線を画する客観情報が、おそらく初めて
教団関係者の手で、世に出たことになるはずです。
その意味で、幸福の科学のウオッチャーにとっても、必要かつ、
新しい事実を知るためのよすがにしていただけるものと思います。

第U部では、世界各国を回り、自分が調べ上げてきた事実をもlとに、

今後の日本がとるべき『最強国家』への土台案を示しました。
土台づくりの論点としては、外敵からの防御を固めることと、向かうべき
国家目標を定めることの2点を、中心テーマとして取り上げました。
特に、直近の海外事情は、一次情報としての付加価値も満載です。

現在、先行きが見えない日本の中で、多くの人にとって、希望の未来と、
ご自身の「使命」とでもいうべきものを発見する一助になれば、という
強い願いを込めて、この度の発刊に踏み切った次第です。

                     直道


どれも興味深い内容でございますね☆

私も早速、あえば直道さんのブログリンクから購入してみました☆
楽しみです。
タグ:最強国家

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング

にほんブログ村
posted by 励琳 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | あえば直道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183690710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

エジプトの民主化(孫崎享、岩上安身)
Excerpt: 民主化の流れは決してエジプト一国の問題ではなく、事あるごとに自由と民主主義を錦の御旗のごとく振りかざてきたアメリカが実はこのムバラク大統領の背後で糸を操る黒幕であったわけで、アメリカの偽善と他国侵略の..
Weblog: 日本を変える論客たち
Tracked: 2011-02-02 16:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。